【ピエモンテ/Ovada】店が軒並み閉まるイタリアの祝日に楽しめるスポットは?

リグーリアから北に、ピエモンテにはいってすぐの「オヴァダ(Ovada)」は、こじんまりとした古い町並みと年に7回開催されるアンティークマーケットで有名な町。

イタリアの祝日は、マリア様がイエス様を身ごもったことがわかった日、とか、基本的にカトリック関連のおいわいごとがメインで、神聖な行事が教会で行われる以外はすべての店がしまっているので、外国人や若者はけっこう退屈です。

オヴァダのマーケットのいいところは、この退屈な「祝日」に行われること。どーせやることのないイタリアの祝日に、「あ!オヴァダのマーケットがある♪」と気づくのは、けっこううれしい。家にいるよりダンゼン楽しい!

中心からちょっとくだって川と山が見える一番外側、リーズナブルな家具が多いエリア

中心からちょっとくだって川と山が見える一番外側のエリア。リーズナブルな家具が多い

ということで、ジェノバから車で30分、電車は本数は少ないながら直通で1時間(+徒歩20分)、近くて交通の便がいいので、やることのないジェノベーゼもたくさん訪れます。
そしてオヴァダは「いい買い物ができるマーケット」としても有名で、お財布のヒモがかたいといわれるジェノベーゼの理想にかなうマーケットなのです♪

オヴァダのマーケットは朝がはやい!

オヴァダは、貴重なアンティークが破格で売られることもあるため、プロのアンティーク業者や熱狂的なアンティークコレクターが足をはこぶことでも有名で、そんなライバルに先をこされまいと、どんどんマーケットの開始がはやくなり、とうとう、まだ日がのぼりきっていない早朝、商品を並べ終わっていないスタンドを懐中電灯を照らしながら見てまわる人もいるとか。

7時でもけっこうな人で、9時前にプロが狙うようなめぼしいものはすでに売れていたりしますが、お昼ごろに到着しても、じっくりさがせば掘り出し物がみつかる可能性は充分あります。5時に起きなくても大丈夫!

古いお菓子の空き缶のみ売るスタンド。収集家がいるので、実はけっこう高い

古いお菓子の空き缶のみ売るスタンド。収集家がいるので、実はけっこう高い

祝日だけにイベントも同時開催されていて、たまたま遭遇した伝統的衣装の音楽隊

祝日だけにイベントも同時開催されていて、たまたま遭遇した伝統的衣装の音楽隊

オヴァダは、アンティークについておしゃべりしたり、ちょっと座っておやつをたべたり、たのしみながら、退屈なイタリアの祝日をゆったりすごすのにおすすめのマーケットです♪

開催日
  1. 復活祭(年によって異なる3~4月の日曜日)の翌日
  2. 5月1日(勤労感謝の日)
  3. 6月2日(共和国建国記念日)
  4. 8月15日(フェッラゴストという祝日)
  5. 10月の第一日曜日(唯一祝日ではない日)
  6. 11月1日(死者のための祝日)
  7. 12月8日(マリア様懐妊の祝日)

※日程は変更がある場合があります。

スタンド数 400
マーケットの質 ○:ヴィンテージから貴重なアンティークまで掘り出し物の遭遇度がかなり高いマーケットで有名です!
楽しさ度 ◎:こじんまりとしたオヴァダの町全体がマーケット会場。マーケットだけでなく、レストランもリーズナブルでおいしいので楽しさ倍増
COCO
小腹がすいたときには絶品ジェラート屋とファリナータというおやつ休憩もはさめて、個人的にお気に入りのマーケットです♪

オヴァダのグルメ

オヴァダはピエモンテに位置しますが、リグーリアに限りなく近いので、食文化もリグーリア寄り。バターとチーズのこってりピエモンテ料理より、オリーブオイルのさらっとした日本人好みの郷土料理が多いのです。

オヴァダにはそんなあっさり目のイタリア料理が食べられるレストランの有名店もあるのですが、マーケットを巡る時間をけずらずに、小腹を満たせるストリートフードを紹介したいと思います♪

まず、ファリナータ。ひよこ豆の粉と水と塩、というシンプルな材料ながら、石釜で焼き上げると、表面はさくさく香ばしく、奥はふわふわもちもち、ひよこ豆の自然な甘さと塩辛さが舌を魅了して、とまらなくおいしさ。

外はサクサク香ばしく、中はもちもち、ファリナータ!

外はサクサク香ばしく、中はもちもち、ファリナータ!

老舗ファリナータ「ダ・ヴィットーリオ」店内。10席のみですが回転ははやい

老舗ファリナータ「ダ・ヴィットーリオ」店内。お昼時はテイクアウトにも行列するのでちょっと時間をずらすのがおススメ。10席のみですが回転が速いので待つのも有

ふと、ある日、そのサクサク+もちもち感が大阪名物「たこ焼き」に似てるなぁ~(たこぬき)と気づきましたが、どうでしょうか?

名前 Da Vittorio(ダ・ヴィットリオ)
住所 piazzetta cappuccini, 8, 15076 Ovada AL
TEL 0143 86486
営業時間 10:30~20:30
COCO
超老舗のファリナータ専門店。メニューはファリナータとフォカッチャのみ。テイクアウトも可ですが、デザートなど余分なメニューを充実させていないため、客の回転がはやく、待っている人がいても割とはやく席につけます♪

そして、オヴァダに寄ったら絶対たべたい超絶品のジェラート屋さんがあります!

悩みに悩んでも数をしぼれず、ついつい大きくなるカップ

悩みに悩んでも数をしぼれず、ついつい大きくなるカップ

常時これだけのセレクション。さらに生クリーム、チョコシロップのトッピング

常時これだけのセレクション。

イタリアではめずらしい抹茶のジェラートは日本から取り寄せた本格的な味。他にも目移りするほどたくさんの種類のジェラートがならんでいて毎回じっくり悩みます。イートインスペースも広くて、地元の人に愛されている名店です♪

名前 Gelateria Lung’orba(ジェラテリア・ルンゴルバ)
住所 via Lung’Orba Mazzini 8, 15076 Ovada AL
TEL 0143 822987
COCO
マーケットのスタンドが立つ中心からはすこし離れているのですが、5分ぐらい歩いて行く価値は充分あるとおもっています!

ABOUTこの記事をかいた人

イタリア在住バイヤー&ブロガーです。リグーリアの希少なワインやオリーブオイル、ジェノバっ子だけが知ってる穴場スポットなどを紹介します♪ちなみにイタリア語のブログのフォロワー3600人、ジェノバではCocoJapanとして結構有名人です!